• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 133
  • 公開日時 : 2018/06/18 09:00
  • 印刷

新規取得の際、「証明書申請の処理中に次のエラーが発生しました1B6」が表示されます。

回答

いくつかの原因が考えられますので、以下の(1)~(5)を順にご確認ください。

  • (1) 「クライアント証明書の新規取得」の画面の上部に、ActiveXコントロールのインストール可否を確認する情報バーが表示されている可能性があります。
    表示されている場合は、当メッセージをクリックし、「ActiveXコントロールのインストール」などの選択肢をクリックし、ActiveXコントロールをインストールしてください。

    (メッセージ内容は環境により異なります)

  • (2) クライアント証明書を取得するために必要なActiveXコントロールが、セキュリティ設定により無効となっている可能性があります。
    「PCご利用環境確認手順書」[1.43MB]PDFの「Step1」をご参照のうえ、信頼済みサイトに登録し、再度取得を行ってください。
    信頼済みサイトに登録しても同様のエラーが発生する場合、URLの誤入力などにより登録が行われていない可能性があります。
    以下の手順でご確認ください。

    Internet Explorer 8以前の場合
    画面右下(ステータスバーの右端)の表示内容をご確認ください。
    「信頼済みサイト」と表示されている場合は、既に信頼済みサイトに登録されています。
    「インターネット」と表示されている場合は、URLの誤入力などにより信頼済みサイトに登録されていません。

    Internet Explorer 9以降の場合
    クライアント証明書の新規取得や更新のページが表示されている状態で、[Alt]キーを押してください。
    メニューバーが表示されますので、「ファイル」を選択し、「プロパティ」をクリックしてください。
    プロパティ画面の「ゾーン」欄に「信頼済みサイト」と表示されている場合は、既に信頼済みサイトに登録されています。
    「インターネット」と表示されている場合は、URLの誤入力などにより信頼済みサイトに登録されていません。

    なお、ステータスバーが表示されていない場合は、以下の手順で表示できます。

    Internet Explorer 6・7の場合
    メニューバーの「表示」を選択し、「ステータスバー」をクリックし、チェックしてください。

    Internet Explorer 8の場合
    メニューバーの「表示」を選択し、「ツールバー」⇒「ステータスバー」をクリックし、チェックしてください。

  • (3) 信頼済みサイトに登録しても当エラーが発生する場合は、以下の手順で信頼済みサイトのセキュリティレベルを「中」に設定ください。
    クライアント証明書の取得完了後、セキュリティレベルを元に戻しても問題ありません。
    元のセキュリティレベルが「カスタム」の場合は、セキュリティレベルを変更して良いか事前にシステムご担当者様にご確認ください。

    • [Alt]キーを押して、Internet Explorerのメニューバーを表示します。
    • 「ツール」を選択し、「インターネットオプション」をクリックし、「セキュリティ」タブをクリックしてください。
    • 以下の画面が表示されますので、「信頼済みサイト」のアイコンを選択し、「このゾーンのセキュリティレベル」のスライダーを「中」に設定ください。
    • 『OK』ボタンをクリックしてください。
  • (4) (1)~(3)を確認しても解決しない場合、クライアント証明書の新規取得の際に必要なActiveXコントロールが無効に設定されている可能性があります。以下の手順で有効にしてください。

    Internet Explorer 7以前の場合

    • [Alt]キーを押して、Internet Explorerのメニューバーを表示します。
    • 「ツール」を選択し、「インターネットオプション」⇒「プログラム」タブをクリックし、『アドオンの管理』ボタンをクリックしてください。
    • 以下の画面が表示されますので、「表示」欄の「Internet Explorer で使用されたアドオン」を選択ください。
    • 「名前」欄に「CEnroll Class」または「X509 Enrollment webclass」と表示されているアドオンがあるかご確認ください。
      ある場合は「状態」欄を確認いただき、無効になっている場合は「有効」を選択し、『OK』ボタンをクリックしてください。

    Internet Explorer 8以降の場合

    • [Alt]キーを押して、Internet Explorerのメニューバーを表示します。
    • 「ツール」を選択し、「インターネットオプション」⇒「プログラム」タブをクリックし、『アドオンの管理』ボタンをクリックしてください。
    • 以下の画面が表示されますので、「表示」欄の「すべてのアドオン」を選択ください。
    • 「名前」欄に「CEnroll Class」または「X509 Enrollment webclass」と表示されているアドオンがあるかご確認ください。
      ある場合は、それぞれ「状態」欄を確認し、無効になっている場合は『有効にする』ボタンをクリックし、『閉じる』(または『OK』)ボタンをクリックしてください。
  • (5)「Internet Explorer 11」をご使用の場合、以下の手順で「互換表示設定」を行います。

    (ご参考)「Internet Explorer」のバージョン確認方法
    Internet Explorerを起動し、メニューバーの「ヘルプ」(※)⇒「バージョン情報」をクリックします。
    (※)メニューバーが表示されない場合、キーボードの[Alt]キーを押すと表示されます。

    Internet Explorerのロゴ内に数字の「11」が表示された場合、以下の設定を行う必要があります。

    • クライアント証明書の新規取得画面にて、Internet Explorerの右上の「ツール」アイコン(歯車の形をしたアイコン)をクリックし、「互換表示設定」をクリックしてください。

    • 「追加するWebサイト」欄に「symauth.jp」を入力し、「追加」を押します。
      最後に「閉じる」をクリックし、設定は完了です。

アンケート:ご意見をお聞かせください