• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 99
  • 公開日時 : 2017/02/01 14:35
  • 印刷

渡航した後どんな手続きが必要ですか?(米国への渡航の場合のみ)

回答

以下のすべてに該当されるご契約者は、FATCAに関するご案内[1.54MB]PDFをご確認いただき、渡航後9か月以内に情報提供同意書 兼 納税者番号・宣誓依頼書[320KB]PDFを当社に郵送ください。

  • 加入されているご契約の契約日がH26.7.1以降
  • 米国へ渡航
  • 米国居住者(滞在日数が183日以上)

「情報提供同意書 兼 納税者番号・宣誓依頼書」はFATCA(外国口座税務コンプライアンス法)に基づき提出が必要となる書類です。

  • FATCAは、米国納税義務者による米国外の金融口座等を利用した租税回避の防止を目的とした米国の法律です。
  • お客様が所定の米国納税義務者であるかを確認し、該当する場合は、米国内国歳入庁宛にご契約情報等の報告を行います。
  • 提出がない場合は、米国内国歳入庁の要請に基づき、ご契約情報等を日米当局間で交換することとされています。
  • 詳しくは、よくあるご質問「FATCAについて」をご参照ください

アンケート:ご意見をお聞かせください