• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 502
  • 公開日時 : 2019/11/29 09:00
  • 印刷

死亡保険金受取人が海外在住の場合、死亡保険金請求はどうすればいいですか?

回答

以下のいずれかの方法で請求いただくことができます。

(1)受取人様が一時帰国した際に来社のうえお手続きいただく方法
(2)代理人様(弁護士でも可)を選任いただき代理人様からご請求いただく方法

(1)受取人様が一時帰国した際に来社いただく場合

【必要書類】
  • 請求書
  • 死亡診断書(死体検案書)
  • 受取人の海外居住国の政府機関もしくは公証人役場発行の
    署名証明願兼証明書(印鑑証明書にあたるもの)
  • 受取人の海外居住国の政府機関もしくは公証人役場発行の
    海外在住証明書(住民票にあたるもの)
    • 「署名証明願兼証明書」に本人の海外住所の記載があれば不要です。
      また、③④がともに取寄せ不可の場合は、以下の照会窓口より当社までご連絡ください。
    <災害死亡かつ災害割増特約・新傷害特約など災害死亡保障が付加されている場合は以下書類も必要>
  • 不慮の事故によることが証明できる新聞記事
    交通事故の場合には、警察などの公的機関が発行する交通事故証明書

(2)代理人様(弁護士でも可)を選任いただき代理人様へお支払する場合

国内在住の3親等内の親族の中から代理人を選任するか、または弁護士を選任すれば、請求を委任することができます。ただし、通常とは取扱いが異なることがあるため、以下の問合せ先より当社までご連絡ください。
請求書の請求人名は代理人名を記入のうえ、受取口座は代理人の口座を指定ください(弁護士の場合は業務上使用している口座のみ指定可)。

【請求を委任する場合の必要書類】
上記(1)の必要書類①~⑤に加えて、以下の書類が必要です。
  • 委任状
  • 代理人と受取人の続柄が確認できる戸籍謄(抄)本または住民票
    • 代理人が弁護士の場合は不要です。
  • 代理人の本人確認資料
    • 弁護士の場合は弁護士会登録の印鑑証明書

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます