• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 96
  • 公開日時 : 2017/02/01 14:35
  • 更新日時 : 2017/10/31 09:11
  • 印刷

海外で被保険者が死亡した場合、保険金請求はどうすればいいですか?

回答

以下の2つの方法があります。

(1)受取人の帰国が見込める場合

帰国後に請求ください。

【必要書類】※②③は帰国前に取寄せください。

  • 死亡事実を示す戸籍謄本(抄本)または住民票
  • 海外(在住地)で発行された死亡診断書(死体検案書)
  • <災害死亡の場合>災害割増特約・新傷害特約など災害死亡保障が付加されている場合
    • 不慮の事故によることが証明できる新聞記事
    • 交通事故の場合には、警察など公的機関が発行する交通事故証明書
      (取寄せが困難な場合は、勤務先の証明書でも取扱可能です。)

 

(2)受取人の帰国が見込めない場合

永住等により帰国の見込みがない場合は、日本国内に在住する3親等内の親族または弁護士を選任のうえ、請求を委任ください。
※委任された代理人の指定口座への振込みとなります。

【必要書類】

上記①②(③)に加えて、

  • 委任状 [58KB]PDF
  • 大使、公使または領事が発行する「印鑑証明書」
    • 印鑑がない場合は⑥~⑨が必要です。
  • 代理人の印鑑証明書
  • 代理人と受取人の続柄のわかる戸籍謄本(抄本)
  • 大使・公使または領事が本人の自署である事を付記した証明である「署名証明願兼証明書」
  • 「外国在住証明書」

 

請求する際は、当社まで連絡ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください