• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 194
  • 公開日時 : 2017/02/01 14:36
  • 更新日時 : 2017/12/14 19:37
  • 印刷

保険金・給付金を受取ったときには、税金はかかりますか?

回答

保険金・給付金を受取った場合、税法上の取扱いは次のとおりです。

<対象となる保険金・給付金(例)>
死亡保険金、入院給付金、手術給付金、3大疾病保険金、介護保険金、身体障がい保険金、リビング・ニーズ特約の特約保険金 等

 

●被保険者本人が受取った場合
病気やけがを原因として、被保険者が給付金を受取った場合は、金額にかかわらず非課税となります。
 
●被保険者の配偶者または直系血族、または生計を同じくするご親族が受取った場合
被保険者が生存中に、上記のいずれかの方が受取る場合も非課税となります。
 
●死亡保険金と合わせて受取った場合
ご契約者・被保険者・受取人の関係で課税の種類が決まります。(詳細は以下のとおり)

 

※当記載は2017年7月現在の法令等に基づくものであり、将来的に変更される可能性があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください